債務整理をすると携帯電話の契約、分割購入は出来るのか?

債務整理をすると携帯電話の契約、分割購入は出来るのか?

債務整理という法的手続きを行うと、携帯電話の契約はできるのか、その際分割購入制度が利用できるのかということを心配する方は多いです。結論から述べると、「携帯電話の契約は可能、分割購入は基本的にはできない」となります。今や携帯・スマートフォンは生活になくてはならないものとなってきていますが、債務整理をしてもドコモやAU、ソフトバンクと契約することは全く支障なく行えます。ただ、携帯電話本体を購入する際に、一括購入は可能なのですが、分割購入は「借入」と同じ位置付けとなり、各キャリアが個人信用情報を照会します。そうすると、債務整理後7〜10年ほどはその事実が記載されているので、契約ができないと判断されます。これは、債務整理後にクレジットカードを作ったりキャッシングを受けることができないのと同じ理由となります。ですから、債務整理後に一端解除した携帯電話の契約を再開したいという場合には、もし以前使っていた電話・スマホ本体を携帯ショップに持って行くことで、新規契約をするのが良いでしょう。本体が手持ちに無い場合は、中古のものを安く手に入れることも一つの手段です。また、債務整理の際に、仮に現在の携帯の契約に滞納があっても解約せずに済む方法もありますので、そういった細部については債務整理担当の弁護士に相談するのが良いでしょう。