結婚前後での債務整理のメリットやデメリット

結婚前後での債務整理のメリットやデメリット

もし、あなたがいま借金に苦しんでいて、債務整理を考えている状態で、なおかつ結婚を視野に入れて交際している恋人がいたら、どうすべきなのか。結婚前後に債務整理をするメリットやデメリットを整理しました。結婚は一生に一度するかどうかという重要なものですので、例え借金の問題があっても、悪い影響が起きないように気を付けたいものです。まず、結婚前後に債務整理を行うメリットについて。これは、何よりもパートナーの信頼を得ることができる、という点です。結婚するほどの間柄であれば、あなたの苦しい経済状況はもちろん相手にも伝わっていると思います。しかし、逆に伝えられていない、ということもあるかも知れません。前者であれば区切りという点でやっておくべきですし、もし伝えられていないのなら、相手が自発的に知る前に、誠実に話して債務整理をすべきです。というのも、もしも結婚後まで債務整理の問題を秘密にしていた場合、それが理由となり、あなたに非がある状態で離婚となるケースもあり得るからです。逆に、債務整理をすることのデメリットはあるでしょうか。これは無いといっても良いでしょう。もちろん、債務整理後はマイホームや車のローンの借入を7〜10年はできない状態になりますが、経済状態を鑑みれば、債務整理をしなくてもそれらを買うことは難しいはず。以上を考えると、結婚前後の債務整理のメリットデメリットは明確になってくることでしょう。