債務整理は無職でも可能なのか?

債務整理は無職でも可能なのか?

債務整理を行う場合に無職でも可能なのかどうかということについては、「可能」という答えになります。ただ、債務整理の手続きの細部を見ると、ある程度の条件が必要になってきます。まず、債務整理の中でも任意整理、特定調停、個人再生などの手続きは原則不可能です。もしも可能だとしたら、あなたの家族などが借金の返済資金を準備してくれる場合などに限られます。そういった環境がなく、無職の状態で債務整理を行う唯一の方法は「自己破産」の手続きを行うことです。ただ、自己破産は借金の理由によってはできない場合もありますし、各種のデメリットもありますので、できれば避けたいというのが多くの人が考える事項ですね。もしも任意整理などの債務整理を希望する場合は、まず職を見つけて収入を得られるようになる必要があるでしょう。その場合でも、どの程度の収入、借財の状況ならば任意整理に持ち込めるか、という判断が必要なので、そういった場合には債務整理の知識が豊富な弁護士の意見を聞くのが重要となってきます。